愛と会いと合い

合氣道とは愛なり。

上hotsharkさまの記事の中の合氣道開祖植芝盛平翁の言葉が心に響きます。

合氣道とは愛なり。
天地の心を以て我が心とし、万有愛護の大精神を以て自己の使命を完遂することこそ、武の道であらねばならぬ。
合氣とは自己に打ち克ち敵をして戦う心無からしむ、否、敵そのものを無くする絶対的自己完成の道なり。


結局自分の柱をしっかり太くすることが肝要で、そのために地に足つけた人間をしっかりやることが大事なのでしょうねえ。その結果、自己が作られ、天地の心を自分の心と同じにする人間になるんでしょうねえ。

一方、igossomamaさまのブログの(85) 「愛」から始まるの記事を拝見しました。

「愛」から始まるもので、なければ
正義感も、その熱い思いも
「宇宙の法則」に反するからです


自分なりに愛ということをまとめますと、愛とは、自分自身に出会い、自己を作り、その後、人、天地と合うことじゃないかと思います。天地は止まっているものではなく、常に進化し続けていますので、当然自分自身も天地の流れに沿って、進化し続けることも愛の意味だと思います。

なんだか哲学的になりましたが、要は日々、地に足つけた人間を一生懸命やることが一番大事だということですね。
[PR]
by apty369 | 2004-10-30 16:35
<< 宇宙存在からのチャネリング通信... 何この絵? >>