宇宙存在からのチャネリング通信最新号

宇宙存在からのチャネリング通信最新号を発行しました。
猿田彦神とメタトロンが交信してきました。

今回の内容は、確かに地球全体として空気が軽くなったり、エネルギーの変化は見られるのに、私は未だに身体がだるかったり、背中のあたりが痛いままです。

今回の交信では、その身体の痛みやだるさと共にいることを薦められました。痛みやだるさを排除するのではなく、そばにい続けるということです。

ゆっくり、ゆっくり身体の痛みやだるさと共にいようと思います。
[PR]
by apty369 | 2004-10-17 00:32
<< 「善悪を超えること」と「痛みと... 学びました >>