片親だけの家庭の場合

augustさまからのご質問を下記のように受けました。

>片親だけの家庭の場合は仕事も家庭も両立しなければならない場合も当てはまるのでし
>ょうか?片親でも男性性と女性性を両立しなければ、一人で子供を育てることは出来ないこ
>とだと思います。

片親だけの家庭と言うのは、大変ご苦労なことと拝察いたします。確かに片親の場合は、一人で男性も女性もこなさなければならないので、さずかしご苦労があると思われます。

前回のスサノオ神の交信の補足として猿田彦神が、女性性つまり相手を影なら支援すること、人の活動をサポートするといった気持ちを持つことが重要だということを伝えてきています。

確かに片親として、日常を過ごさなければならない場合、男女両方は物理的にできませんが、日常生活を行ううえで、この「支援」する気持ちを持ち続けてもらいたいというのが真意だと思います。

仕事についても同様で、相手の手柄になるようにその相手を影ながら支援することが重要だと思います。

これから、さらに日常生活で為すべきことが質量とも増えてくると思いますが、この影ながら支援する気持ちをより一層もって行動してくれということを神界は伝えてきているものと思われます。
[PR]
by apty369 | 2004-10-11 10:40
<< ありがとうございます。 リリースすることの必要性 >>