hikari1222さまのブログを拝見して

太陽神のおはなしを拝見し、感じたことがあるので記事にします。

自分の本元を認識するためにずっとずっと、個を認識してたんでしょうねえ。対立、分離、戦争、殺戮、迫害などを繰り返して、すべてやりつくし、「やっぱり、外には答えはなかったね。」って本元だけしか残らなかったんでしょうねえ。
どれ程進んだ文明も個を主張した争いの中では滅びます。
どれ程人々を本元に導こうとしても、本元(全体)ではなく導こうとした者(個)を、本元(全体)と思い本元から離れる因になったらどれ程悲しいでしょうか。

追い求めるのじゃなく、ただただ自然に笑ったり、歌ったり、楽しんだりするんですね。
笹川美和の「笑」を思い出します。
ありがとうございました。
[PR]
by apty369 | 2004-12-26 11:08
<< 今年最後の宇宙存在からのチャネ... 今日は静かに >>