青い鳥は中にいた

12/5 雨

hikari1222さまの記事を拝見し、感じたことがあったので記事にします。
「信」の対象を自らの中に求めるとともに、
自らが本来の覚りの実体であることを覚知されたし。

今まで、我々は自分以外の自分よりレベルの高い存在に自分の答えを求めてきました。
でもそうではないということです。「信」の対象を自分に置くということですね。
他所に求むるは、「生死流転」繰り返すなり。

他所に答えを求めるため、ずっと輪廻転生しなければならなかったんじゃないでしょうか。
そなたの肉体(魂)に鎮座するものなり。

でも答えは、自分の魂にあったということです。
チルチルミチルの青い鳥の話のように、青い鳥は身近にいたということだと思います。
[PR]
by apty369 | 2004-12-05 10:44
<< 魂の高貴さ 宇宙存在からのチャネリング通信... >>